-

健康で毎日が活動できる人にとって、 生命保険は無駄な出費と思いがちです。 年齢が高くなってきて病気がちになったり、 突然の事故で怪我をしたり、 それが原因で仕事ができなくなったとき、 生命保険で備えていて良かったって思えるのは、 何かがあったときでしょう。 何かがあったとき、 心の支えになってくれる人はいても、 生活の支えになってくれる人はいません。 家族の支えは、 自分できちんと何年かごとに、 きちんと見直しておくのが大事だと思います。 事実私は持病があって、 外へ仕事に出ることはできませんが、 結婚したての頃に、 知人に勧められて生命保険に加入していました。 加入してからすぐに発病したので、 ラッキーだったとしか言いようがありません。 年々入院回数も頻繁になってきましたが、 医療費のことで心配することがなく、 のんびり治療することができます。 もちろん家族には、 その度に迷惑をかけていますが、 きちんと入院給付金が給付されることで、 肩身の狭い思いをしなくていいです。 全ての人が当てはまるわけではありせんが、 生命保険は家族を守る 大切な保証です。